一般的な乗用車のブレーキオイルには指定がなければDOT3という規格に準拠したオイルが使われます。上記核としてDOT4やDOT5などがありますが、DOT3規格との違いはブレーキオイルの沸点です。DOT3では、沸点が205℃となっています。DOT4では230℃、DOT5では260℃となっていてサーキットを走るなどがなければ、DOT3のブレーキオイルで十分です。
ブレーキオイルで問題になるのがベーパーロック現象です。これはブレーキの摩擦熱がブレーキオイルに伝わり沸騰することで、一部が気体となって油圧が伝わらなくなり、ブレーキが利かない状態になってしまいます。もしベーパーロックを起こしたブレーキオイルは必ず交換しブレーキラインのエア抜きなどをする必要があります。
これは新品のブレーキオイルでも起こり得ることですが、ブレーキオイルが劣化した状態であれば、オイルに含まれた水分によって沸点が大幅に下がり、より一層おこりやすい状態になっています。
ブレーキオイルは水分を非常にすいやすいという特性があるので、数年で沸点は新品のオイルのときの200℃程から150度ほどまで下がるといわれています。ですから車検ごとなどに定期的な交換が必要となります。