ロングライフクーラントは冷却水に使用されている不凍液の一種であり、凍結防止と防錆の効果を発揮する液体となっています。このロングライフクーラントはほぼ2年が使用限度であるため車検などの時期の交換することが求められています。

主な成分であるエチレングリコールの酸化が進み、大きく劣化することになるのがその大きな理由ですが、多くのユーザーはこの2年を守らないことが多いため車の性能を落とすような結果を招くことになっています。したがって、車検の時期には必ず入れ替えを行うことがお勧めですただし、最近の傾向としては、さらに商品精度の上がったスーパーLLCと呼ばれる長期間対応商品も登場しています。この商品であれば8万キロもしくは4年の利用ができ、新車充填時には16万キロもしくは7年を保証しているため、かなり長期間利用できるようになっています。したがって最近の新車を購入された方はあまり交換する必要のな液体にもなっているのです。このように新型車両には新開発のものがいち早く搭載されるようになっているため、交換の時期も大幅に伸びるようになってきているというわけです。したがって交換はそれ以外の車種に乗られているドライバーに限られることになります。