車は複雑な構造になっています。従って自分の乗っている車がどのような作りになっているのかということを、普段から確認をして理解をしておくということが大切です。そのために定期的な点検を自分で行ったりという事も大切です。車の中にはラジエーター液という冷却水があります。
これはその名の通り車がオーバーヒートしないようにする効果があります。この点検や補給に関しては次のように行います。点検に関しては冷却水が冷えているときに行います。そして交換の目安としては、冷却水の基準は上限と下限の間に水の量があるということなので、その量が不足しているときにはしっかりと補充をするようにします。補給をする際には、エンジンルームにこぼさないようにします。車のボディを痛める原因になってしまいます。そして水だけで補給をしないようにします。濃度が薄まってしまうと、凍結温度が高くなるなどの悪影響が出る可能性があるからです。タンクから冷却水が漏れている場合には、応需的に水を補給してできるだけ早く販売店などで点検や修理を行うようにします。新車の時には7年ほどが交換の目安になります。2回目以降は4年ほどが目安となっています。わからないことがあればディーラーなどで確認をするようにします。