タイヤがパンクをしてしまった場合やスタッドレスタイヤなどの冬用タイヤの交換方法です。万が一の時に覚えておくと、いざという時に役に立ちます。多くの車にはスペアタイヤが搭載されています。通常はトランクルームの下にジャッキや工具と一緒に収納されています。
花05また車載ジャッキの取り付け位置は車種によって異なりますので作業の前に取り扱い説明書で確認しておきます。坂道や砂利道など路面が不安定な場所ではジャッキが倒れることもあり危険です。広く平らな所で行うようにします。平らな場所でもジャッキが倒れる事もありますので、パーキングブレーキをかけ、作業を行うタイヤの対角線上にあるタイヤに輪止めをかけます。次にタイヤレンチやドライバーなどを使ってホイールキャップを外します。この状態でタイヤレンチを使ってホイールナットを少しだけ緩めておきます。次にジャッキアップのポイントにジャッキをかけます、ジャッキをかけたらタイヤが路面から少し離れるまで持ち上げます。持ち上げたらホイールナットをすべて外し、タイヤを取り外します。続いてスペアタイヤを取り付けます、ホイールナットを取り付け対角線上のナットをタイヤがガタつかなくなるまで、2~3回にわけて仮締めをします。次に車体を降ろし、仮締めしたときと同じようにホイールナットを十分に締めつけると完了です。